11月26日〜12月2日

 

 ※新型コロナウイルスの情勢や荒天などにより、イベントは予告なく中止・延期・変更となる場合があります。また、お出掛けの際には、マスクの着用や手指の消毒など、各団体・主催者が求める感染防止対策にご協力ください。

◆能代市畠町商店街振興組合「歳末大感謝祭2021」オープニングイベント=27日午前10時~午後4時、能代市畠町の旧秋田銀行能代駅前支店跡地で。特設ステージで、ラッパーの羅漢さん(五城目町出身)とDJ RATSUさん(能代市出身)によるライブや、超神ネイガーショー、長信田太鼓の演奏、B─blood、スタジオJAMによるダンスを展開。キッチンカーの出店、スケートボードの体験会なども。雨天の場合は会場や開催内容が変更となる。問い合わせは、同振興組合事務局(☎0185・52・0299)へ。

◆パッチワークの会「キルトサークル作品展」=27日まで能代市腹鞁ノ沢の高齢者交流センターおとも苑で開催中。同会のメンバー4人が制作したタペストリーや干支(えと)の置物などを展示。鑑賞無料。時間は午前8時~午後6時。

◆能代山本書道会書道展=27~28日、能代市文化会館で。同会の会員が漢字、かな、詩文書、篆刻、刻字の5部門に作品を出品。展示時間は両日とも午前10時~午後5時。入場無料。

◆あきた芸術劇場「ミルハス」開館プレイベント・ダンスワークショップ=28日午後1時30分~午後3時30分、能代市文化会館で。ダンススタジオCHEE:SE代表の西根千鶴さんを講師に、即興ダンスを通じて表現力などを磨く。対象は中学生以上で、定員は各回先着10人。参加無料。申し込みは、あきた芸術劇場開館準備事務所(☎018・838・5822、http://www.akiat.jp)へ。

◆劇団わらび座ミュージカル「松浦武四郎 カイ・大地との約束」=28日午後2時~、能代市文化会館で。北海道命名150年を記念し平成30年に制作された作品で、蝦夷地を訪れた探検家の松浦とアイヌの人々との交流、各地の調査を通してアイヌと和人が対等に生きていく道を模索、数々の苦難に負けじと行動する姿を描く。午後1時開場。チケットは全席指定で、一般3千円、高校生以下1千円(当日券は各500円増)。問い合わせは能代市文化会館(☎0185・54・8141)へ。

◆黒川博之写真展「災厄の日々されど夏に光よ」=28日まで能代市大森山の能代エナジアムパークで開催中。介護老人保健施設やかた(三種町鹿渡)施設長の黒川さんが同町や大潟村で撮影した風景、今年6月に同村で行われた東京五輪ボート競技のデンマーク代表チームの合宿の様子などを収めた写真に俳句を添える「写真俳句」約20点を出品。時間は午前9時30分~午後4時30分。入場無料。