10月15日〜10月21日

 

 ※新型コロナウイルスの情勢や荒天などにより、イベントは予告なく中止・延期・変更となる場合があります。また、お出掛けの際には、マスクの着用や手指の消毒など、各団体・主催者が求める感染防止対策にご協力ください。

◆能代白神山草会「秋の山野草展」=16~17日、能代市大森山の能代エナジアムパークで。同会の会員が育てたダイモンジソウ類やシャジン類といったさまざまな山野草約150鉢を展示。入場無料。時間は午前9時30分~午後4時30分(最終日は同4時まで)。

◆あきた白神体験センターフェスティバル=17日午前9時30分~、八峰町八森の同センターや滝ノ間海岸、御所の台ふれあいパーク周辺で。同センター内での缶バッジ、しおり作りなどの工作体験やレクリエーションスポーツ、滝ノ間海岸での海遊び、御所の台の里山歩きなど、多彩なイベントを用意している。参加費は各100円(レクスポーツと里山トレッキングは無料)。来場者は県内在住者に限定。事前予約は不要だが、体験活動への参加希望者は、スタート時間の10分前までにセンター1階フロントで受け付けが必要。センター内は上履き持参。問い合わせは同センター(☎0185・77・4455)へ。

◆能代公園おもしろアート祭り=17日まで能代市の同公園で開催中。能代山本の芸術家による立体造形や木彫、焼き物作品を展示するほか、16日には特設ステージでバンド演奏や踊りの発表を予定。17日は形劇や紙芝居などの企画も。

◆県美容生活衛生同業組合能代支部「帯アート展」=24日まで能代エナジアムパークで開催中。支部員が制作した帯アート作品約30点を出品。時間は午前9時30分~午後4時30分(最終日は同3時まで、18日は休館日)。

◆能代エナジアムパークハロウィーン企画「Happy Halloween!」=31日まで同パークで開催中。会期中は館内にハロウィーン装飾を施すほか、土・日曜日には館内を巡ってキーワードを集める「かぼちゃを探せ!」(定員各日先着50人)、エコバッジやガーランドなどを作るワークショップ(同20人)を企画。入場無料。時間は午前9時30分~午後4時30分(18、25日は休館日)。問い合わせは同パーク(☎0185・52・2955)へ。

◆能代市民芸術文化祭(芸文祭)=11月8日まで能代市文化会館で開催中。作品展示には、▽日本習字能代山本支部長会(10月4~6日)▽母の詩の会、能代フォトグループ(15~17日)▽能代盆栽会(19~21日)▽渟美会(22~24日)▽小原流能代支部(26、27日)▽能代山本写真連盟(11月6~8日)の7団体が出展。時間は午前9時30分~午後5時(各展示の最終日は同4時まで)。入場無料。舞台芸術団体が出演する文化フェスティバルは、11月14日正午から同会館大ホールで開かれる。入場料は700円。

◆秋田市立千秋美術館企画展「絵になる自然~生きとし生けるものへの賛歌~」=11月7日まで同美術館で開催中。同美術館所蔵の秋田蘭画をはじめとした近世から現代まで、39作家55点の花鳥画、風景画を紹介。観覧料は一般1千円、大学生800円、高校生以下は無料。開館時間は午前10時~午後6時(入館は同5時30分まで)。前期は10月14日まで、後期は10月16日~11月7日までで、10月15日は展示替えのため観覧できない。

◆秋田県誕生150年記念特別展「佐竹氏遺宝展─守り継がれた大名家資料─」=11月14日まで秋田市の県立博物館で開催中。秋田藩佐竹氏の歴代の肖像画、甲冑や調度品など、佐竹氏ゆかりの文化財を展示。観覧料は一般800円、高校・大学生600円。時間は午前9時30分~午後4時30分(11月1日は午後4時閉館、入場は閉館の30分前まで)。月曜日は休館日(休日の場合は、次の日の平日)。

◆生誕100年 滝平二郎展=11月14日まで横手市赤坂の県立近代美術館で開催中。「モチモチの木」など著名絵本の挿絵でも知られ、本県にもゆかりのある作家・滝平二郎の画業初期の木版画から、絵本原画、朝日新聞日曜版のきりえ等を展示する。観覧料は、一般1200円、大学生以下は無料。開館時間は午前9時30分~午後5時(入館は同4時30分まで)。会期中無休。